会長挨拶

医療への積極的な貢献を 九州大学病院関連病院長会議会長九州大学病院院長 石橋達朗

九州大学病院関連病院長会議は、九州大学病院関連病院及び九州大学病院の連携を密にして相互の医療レベルを発展させるために、2004年に設立されました。

本会議では相互の病院間の人事交流を円滑にし、相互の医療レベルをよりよいものにするための協議を行います。その一環として相互の卒後初期および後期臨床研修の充実を図り、初期臨床研修においては関連病院と九州大学病院との「たすき掛け」のシステムを多く取り入れ、また後期臨床研修では新しい専門医制度に沿った臨床研修を行い、研修医教育の向上を目指します。さらに、関連病院間の関係を深めてお互いに情報を交換することで、時代に即した病院運営に努め、あわせて福岡医学会、九州大学医学部同窓会と連携し、九州大学の医学、医療の向上に必要な事業も行いたいと思います。

現在、関連病院は、九州、沖縄を中心に静岡までの広範囲にわたり、その登録病院数は百をこえて、ネットワークを拡大しています。

地域医療の崩壊、医師不足、医療事故、医療紛争、高齢者医療と現代の医療を取り巻く環境は厳しいものがありますが、九州大学病院は今後も九州のみならずアジアに開けた信頼される医療を提供できる病院であるべく、関連病院とのネットワークや協調を大切にし、地域医療にも積極的に貢献するため努力していきたいと考えています。

2016年4月
九州大学病院関連病院長会議会長 九州大学病院病院長 石橋達朗
九州大学病院
九州大学病院 臨床教育研修センター

所在地/〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
TEL/092-642-5022(ダイヤルイン) FAX/092-642-5008

TOPへ