会長挨拶

九州大学病院関連病院長会議のネットワークをより堅固なものに 九州大学病院関連病院長会議会長 九州大学病院長 赤司 浩一

九州大学病院関連病院長会議は、九州大学病院関連病院、九州大学医学部、医学研究院及び九州大学病院の発展に寄与することとして、2004年に設立されました。

現在、関連病院は、九州、沖縄を中心に静岡までの広範囲にわたり、100を超えるネットワークを構築しています。

近年の本会議に関わる活動として、2017年には九州大学病院連携医療機関登録制度を設け、本会議会員からも多くの登録をいただいてさらに連携を深めるとともに、2018年から導入された新専門医制度においては、それぞれの領域のプログラムにおいて、連携機関として本院とともに研修医教育に取り組んでいただくことが挙げられます。

また、近い将来には2025年問題があり、地域医療においても関連病院間のつながりがますます重要になって参ります。

九州大学病院長就任にあたり、九州大学病院の理念を「患者さんに満足され、医療人も満足する医療の実現を目指します。」とし、基本方針を「1.広域医療圏拠点としての連携体制の構築、2.高度先進医療を支える医学研究の推進、3.全人的医療を実践する医療人の養成、4.小児から高齢者まで包括する移行期医療の充実、5.国際化の推進」としました。

先に述べた活動のさらなる発展や、九州大学病院の理念・基本方針の実現のために、九州大学病院関連病院、九州大学医学部、医学研究院及び九州大学病院間のネットワークをより堅固なものとし、皆様とともに取り組んでいきたいと存じます。

2018年4月
九州大学病院関連病院長会議会長 九州大学病院長 赤司 浩一
九州大学病院
九州大学病院 臨床教育研修センター

所在地/〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
TEL/092-642-5022(ダイヤルイン) FAX/092-642-5008

TOPへ